弁護士や司法書士、税理士が行っている業務とは

新しい写真

zeirisi

税理士の概要

sihousyosi

司法書士の概要

弁護士の概要

bengosi

弁護士とは、法律に関する専門知識を持ち、国の試験に合格したものを指す。
日常生活の中では、予期せぬトラブルに遭遇することがあるが、こうしたトラブルの中には当事者間の話し合いで結論がでず、法律による解決を図る必要がある場合も多い。
こうした際に強い味方となるのが弁護士であり、豊富な専門知識で解決に向けた近道を示してくれることが多い。
なお、得意とする分野が異なる場合があるため、離婚や債務整理など抱えている案件を専門とする者を探して相談することが肝要である。

弁護士に相談するメリット

人は何かのトラブルに巻き込まれた際に、法律の上での解決を考えるが、素人ではどのように解決すれば良いか分からない。
そこで、弁護士に相談することになるが、法律の専門家なので、何かしらの解決策を授けてくれるので、積極的に相談する方が良い。
費用は一般的には高いと思われがちだが、分割払いもできるし、親身になって相談に応じてくれるような弁護士なら、依頼者に無駄な出費はできる限り出させないようにしようとするはずだ。

弁護士の近況

senmonka

かつては弁護士の偏在が問題となっていたが、この傾向に変化が見られるようになっている。
一人も登録者が存在しなかった地域にも事務所が設立される事実が目立ち始めているが、このような動きの背景にあるのが、合格者数の急増である。
ただし、数が増えても業務は変わらないため、就職難が深刻化しており、有資格者であるにも関わらず年収100万円にも満たない層も発生している。
このままでは弁護士業界の将来は暗いと言わざるを得ず、日弁連も危機感を持って対策に乗り出している。